デリケートな悩みは婦人科形成で相談|膣の緩みや処女膜の治療も可能

ウーマン

改善するための方法

悩む婦人

女性特有の悩みとなるのが、膣の緩みです。膣の緩みというのは出産や加齢、姿勢の悪さや運動不足など様々な要因で引き起こされるものです。歳をかさねるとともに体の筋力が衰えるのと同じで、膣を支えている骨盤底筋群という筋肉もゆるくなってしまいます。この骨盤底筋群は膣や子宮、肛門などの周りを支えている筋肉のことです。これが緩んで膣の全体的なゆるみにつながってしまいます。膣が緩んだままだと、性交時に感じにくくなることや尿もれ、入浴時に膣からの水漏れがおこるなどの不調を招いてしまうでしょう。放っておくことで子宮脱という症状に発展する場合もあります。緩みで悩んでいるという場合は、早めに病院で相談しましょう。

膣の緩みを病院で治療するときには幾つかの方法があります。その一つが膣縮小術です。膣縮小術は、切開や切除を施して膣の縮小をする方法で、確実性が高いという特徴があります。会陰部分や粘膜を切り、切除や縫合を施して膣の奥まで縮小を行うことができるのです。奥まで手術することができるので、出産前やそれ以上の効果を期待することができます。一度の手術で半永久的な効果を得たいという人は、この切開する膣縮小術を希望するといいでしょう。この他にも、病院では切開しない膣縮小術が行われています。ヒアルロン酸を用いた注入法や、特殊なレーザーでの治療などがあるでしょう。これらを希望する場合は、事前に医師と相談するようにしましょう。