デリケートな悩みは婦人科形成で相談|膣の緩みや処女膜の治療も可能

女の人

相談できる場所を知ろう

ヒップ

デリケートゾーンの色や形、大きさなどを気にしているという人は少なくないでしょう。例えば、人より女性器が大きいのではないかという悩みを持っていても、他人と比べることはなかなかできません。こうしたデリケートゾーンに関するコンプレックスは人に話して解決するということが難しいものです。では、このような悩みはどこで聞いてもらい解決へ導けばいいのでしょうか。デリケートゾーンの様々な悩みを相談することができるのは婦人科形成になります。婦人科形成では、デリケートゾーンや女性器の形や大きさ、色などだけでなく、膣内の緩みや処女膜の再生など体の中の悩みも相談することができるのです。膣の緩みであれば、特殊な器具を用いて締め付ける力の強さをはかることができるでしょう。また、意図しないことで処女膜が破れていた場合も婦人科形成に相談することで再生手術を行うことができます。気になることは放置せずに信頼できる婦人科形成を探して相談してみましょう。

膣の緩みや女性器の大きさの悩み、デリケートゾーンの黒ずみなどで病院へ行くことに抵抗を感じるという人もいます。なぜなら、待合室で待っている時間を気にしてしまうからでしょう。一般的な病院であれば、待合室で患者さん同士が顔を合わせて待つことになりますが、多くの婦人科形成はそのようなことがなるべくないように配慮されています。また、他の病院とくらべてプライバシーを守るために完全個室を用意しているところがほとんどです。半個室のような状態では、デリケートゾーンの悩みを話すことはできないからです。このように、婦人科形成は、しっかりとサポート体制が整えられているのです。

産後はゆるみに気をつける

女性

出産後に膣に違和感を感じるという人は多いでしょう。生理痛のような痛みの場合は数ヶ月で治ることもあります。ゆるみが気になる場合は骨盤低筋群を鍛える必要があるでしょう。

改善するための方法

悩む婦人

膣の緩みは筋力の低下が原因になっています。自分での引き締めが難しい場合は病院で膣縮小術を受けましょう。半永久的な効果を得たいという人に向いているのが切開して奥まで治療できるものです。

手術の注意点を知ろう

レディー

膣の緩みをかいぜんする方法はいくつかあります。その中で特に効果的な切開での膣縮小術は術後に幾つかの注意が必要になります。数日は出血することがあるのでナプキンを使用するようにしましょう。